先輩の声


interview

三野 安也香

制作部メディアコンテンツグループ(入社3年目)
三野安也香

ある一日のスケジュール

9:30 出勤。この前行った打ち合わせをもとに番組の台本を作ります。
必要な情報はもちろん、出演者さんの熱い気持ちも盛り込みます。
10:30 午後のロケまで番組の編集をします。ロケから編集まで、ディレクターのお仕事は幅広いですが、
わからない事あったり困った時には大好きな先輩たちが助けてくれるので基本大丈夫です。
12:00 RCCの地下食堂でランチ。スペシャルうどんが好きです。スペシャルな感じです。
13:00 ロケじゃー!!!しゅっぱーつ!!!一生懸命考えた台本よし、カンペよし、忘れ物チェックは欠かせません
14:30 ロケが始まりました。
現場を盛り上げるのもお仕事です。沢山喋って、明るい雰囲気を作るよう頑張っています。
このお仕事は色んな所に行けて、色んな人との出会いがあるのが魅力です。
16:00 ロケも無事に終わり会社に戻ります。帰って編集するぞ~。
16:30 帰社。仲の良い先輩にお菓子をもらい食べながら談笑。
今日は帰るまで番組の編集作業です。一人のディレクターが、何本か番組を持っています。
協力しあってお仕事をしますが、結構大変です。
19:30 明日の準備も終わって帰ります。また明日~。

先輩の声



Q. 入社を志望したきっかけは?

A. もともとメディア関係のお仕事に興味がありました。
フロンティアはバラエティ、広報系、CM、ラジオと幅広い仕事があり、いろんな経験ができると思って入社しました。

Q. どんな仕事を担当しているのですか?

A. テレビ番組を作る、ディレクターのお仕事です。(まだまだ助けられてばかりですが・・・)
台本を作ったり、ロケを回したり、編集したり・・・なんでも屋さんです。
他にも生放送のスタジオに入る事もありますよ。

Q. 仕事でうれしかったこと、悩んだこと・・・

A. 嬉しかったことは初めて番組のエンディングで自分の名前が流れた時です。家族も喜んでくれたし、友達にも「見たよ!」と言ってもらえました。悩んだ事は数え切れませんが、どうやったらもっとうまくロケを回せるかしら、と現在も悩み中です。

Q. 普段、意識していること

A. 間違えがないか確認をすることです。間違えたことが放送されたら大変なので、しつこいぐらい確認しちゃいます。
あとはオンオフの切り替えを出来るように頑張ってます。
好きなことする時はお仕事の事はあまり考えません。

Q. 皆さんへひとことアドバイス

A. 厳しい事も多い世界ですが、好きな人には夢の様な世界じゃないでしょうか。テレビ業界は入るだけでも結構難しいんじゃないかなと思うんですけど、迷ってるだけではずっと見ている側だと思うので挑戦してみたらいいんじゃないかと思います。

他の先輩の声